作業後

髪の毛などが落ちているとワックスでコーティングされますので、床に髪の毛が付着して取り除く事が出来なくなりますので、綺麗な状態にしてからフローリングのワックスを行いましょう。
フローリングの床にワックスを塗ることを引き受けていますので、あらゆる相談に乗ってもらえます。
まずは各ホームページをご覧になり、担当エリアや料金表を見比べてください。

尚、作業を行う前に、必ず無料で見積書を提出します。
料金に納得したことを確かめてから作業を始めますから、安心して依頼できます。

作業中

又、高い商品も良いですが、安くても効果がありますので、コーティングをしない状態や半年以上、コーティングをしない状態をしないように心掛けましょう。
フローリングのワックスを行う場合には、まずは、ゴミを取り除きますが、細かいゴミを取り除く為にも掃除機の後に水拭きを行い、綺麗な状態にしましょう。

塗り終わってから乾くまでに時間がかかりますので、部屋を使用出来なくなりますので、気を付けましょう。

作業前

街の店舗だけではなく、通信販売を利用して買い求めることも可能ですから、まずはそれぞれのワックス製品を十分に見比べることをおすすめします。
価格とともに効能も確認して、どのくらい保つのかをチェックした方がよいでしょう。

塗り直しの期間が短くて済みますし、経済的です。
また、自分では上手に塗ることが不可能である場合も見受けられます。
そのような時は、インターネットで検索して、ハウスクリーニング業者などを調べてみてはいかがでしょう。

業者

表面を覆うようにワックスをかけると、床面を傷から保護する事が可能です。
さらに、ワックスはフローリングの光沢を際立たせるのにも役立ちます。
見た目の美しさを引き出すために、フローリングにはワックスをかけることが定番です。

ワックスをかけるためには手間がかかるため、ワックス掛けをハウスクリーニング業者に任せるのも方法です。
面倒なワックス掛けを、専門業者に任せることで、手間無くフローリングの美観を引き立てて、さらに傷がつくのを極力防ぐことに効果が発揮されます。
メンテナンスに手間をかければ、その手間に十分に応えてくれます。

ぴかぴかの床

古くから使われてきたワックス剤ですが、最近のフローリングにはあまり使用していません。
そして、一般的なのが樹脂を主成分にしたもので、固くぴかぴかの床にしてくれます。
樹脂ワックスは主成分によってアクリル樹脂とウレタン樹脂の二種類に分けられます。

アクリル樹脂は滑らかで塗りやすいですが、その分耐久性に優れていませんが、それに対してウレタン樹脂は塗りにくいですが耐久性に優れています。
ワックスがけ前には必ず床を水拭きし、汚れを落としてから行います。
また、実施する日の天候も重要で、雨の日や寒い日などに行うと、なかなか乾かずに苦労しますが、逆に乾きが早いと、塗り直しが難しい、という難点もあります。

カテゴリー
オススメリンク
アーカイブ
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031